投稿

Blog@stackeditを使ってみる

Blog@stackeditを使ってみる 概要 本記事の内容は次の通り。
Google BloggerでもMarkdown使って記事を書きたい。StackEditなるスーパーサイトを発見。どんな感じか使って試してみた。Googleのアカウントと連携できて自動保存できる。Google Bloggerに簡単に記事を公開できる。ローカルにも保存できる。 はじめに Qiitaで初めてMarkdownを使って初めて書いてからというもの、記事の編集のし易さに体が慣れてしまったせいか、GoogleのBloggerで全く記事を書く気が起きないという病気に掛かってしまい早数年。
ふと、BloggerでもMarkdown使えないかと探してみたら、StackEditなるスーパーすごいサイトを発見しました。
以下、どんな感じになるかお試しで書いてみました。
レベル1 見出しだって簡単!
# レベル1
レベル2 #の数で見出しレベルの調整も可能!
## レベル2
レベル3### レベル3
レベル4#### レベル4
レベル5##### レベル5
レベル6 レベル6まで記載可能!
###### レベル6
書式 書式は下表の通り!
書式書き方斜体*斜体* or _斜体_太字**太字** or __太字__取り消し線~~取り消し線~~上付き^上付き^上付き~上付き~ 表 上記のフォントの表も下記の様に記載!
| フォント | 書き方 | |:------------:|:------------------------| | *斜体* | `*斜体*` or `_斜体_` | | **太字** | `**太字**` or `__太字__` | | ~~取り消し線~~ | `~~取り消し線~~` | | ^上付き^ | `^上付き^` | | ~上付き~ | `~上付き~` | 箇条書き箇条書きも簡単- 箇条書き - も - 簡単 *でも+でもOK* *でも + +でも - OK 数字でナンバリングもOK!!!1. 数字で 2. ナンバリングも 3. OK 4. !!!!! コード インラインインラインコードはバッククォート(`)で…

プライバシーポリシー

Androidアプリでプライバシーポリシーの表記が必要との事で、ブログにプライバシーポリシーを明記しておきます。 なお、今現在、私Mochiが作成したAndroidアプリは個人情報の取得を行っておりません。

Androidアプリ開発@AndroidStudioでAdMob広告実装

イメージ
Android Studioで開発中のアプリにAdMob広告を実装するログです。

■ 1. Google Repositoryのインストール a) SDK Manager起動  Tools > Android > SDK ManagerでSDK Managerを起動します。
b) Google Repositoryのインストール
 SDK Managerの「Android SDK」>「SDK Tools」タブで表示されるリスト内の「Support Repository」>「Google Repository」が「Installed」になっている事を確認します。
 私の場合は既に入ってました。入っていない場合はチェックを付けてインストールします。

■ 2. build.gradleの設定 build.gradle(Module: app)の「dependencies」内に下記行を追加します。
 (私の場合は既に設定されていました。)


■ 3. 広告用権限の設定 広告を有効にする為に、インターネットのアクセス権限を付加する必要があります。
 AndroidManifest.xmlのmanifestタグ内に下記コードを追加します。

 ついでに、applicationタグ内に下記コードを追加します。



■ 4. レイアウトの設定 広告のレイアウト設定を行います。
広告タグをactivity_main.xmlなどのレイアウトxmlに追加します。


■ 5. 広告表示コード実装 実際に広告を読み込んだりするには下記コードを実装します。


いじょ~

Androidアプリ開発@カメラのフラッシュライト制御

夜暗い時に懐中電灯みたいに携帯で明かりを付けたい時ありますよね。私はいつもカメラを起動して、フラッシュをONにしてそれをやっていました。
しかし、フラッシュONにするまでの操作が多くてヤキモキするし、すぐ消えるしでなかなか不便だったので、フラッシュON/OFFを手軽にできるアプリを作ろうと思い立ったわけです。
そんなわけで、カメラのフラッシュライト制御についてのログです。

必要な権限カメラのオープンカメラのクローズフラッシュONフラッシュOFF

BLOG@twitterに画像付きのリンクをツイートする

イメージ
画像付きのリンクをツイートは、下のような感じ。


ブログを書く時に下記のHTMLコードを潜り込ませる事が出来たら、いけるようです。
潜り込ませる場所は、「続きを読む」で表示される部分に入れる事。
でないと、トップページのリンクでその記事の画像が出ちゃいます。

タグ配置はbodyタグ内でもtwitterさんは読んでくれるみていです。

Androidアプリ開発@Android Studio 2.3.3.0インストール

イメージ
夏季休暇で1本Androidアプリを作る為に、Android Studio 2.3.3.0をインストールしたので、そのログです。
概要ダウンロードインストール

OS@小さいELFファイルを作ってみる。

■はじめに 私の自作カーネル(Qiitaの紹介記事参照。http://qiita.com/master_mochi/items/431b3b11410a0eed8f4e)にELFローダを実装したのですが、ELFローダをお試しするにはELFファイルを外部記憶装置からメモリに配置しておく必要があります。
ELFファイルを読み込むには、ブートローダにちょっとしたファイルシステムの機能を入れたり、ブートローダからカーネルへ配置情報を渡す機能を入れたりと、たいぶ先が長い道のりとなります。

でも、それはめんどくさいし、もっと手っ取り早く試したい。

というわけで、小っちゃいELFファイルを作って、カーネルに変数として埋め込んでしまおうと企んだわけです。

■コードを用意する ELFローダを試すといっても、ちゃんとロードされる事だけじゃなくちゃんとプログラムが動く事までを試したいので、無駄に数をカウントアップして画面に表示するプログラムを作って、これをELFファイルにします。

あと、リンカスクリプトも用意しときます。

■単純にコンパイルしてみる とりあえず、そのままコンパイルしてみます。
サイズを見てみると、
5.2KB!でかい。

■頑張って小さくしてみる とりあえず、下記コマンドでコンパイルしてみました。サイズ優先の最適化を行うオプション-Osは、悪さしたら嫌なので今回は使いません。
0.6KBくらい減った!
オプション-staticは、共有 ライブラリとのリンクを抑制する様です。がよくわかりません。readelfで確認すると、セクション名.eh_frame_hdrが消えて、セグメント名GNU_EH_FRAMEが消えました。
オプション-fno-identは、#identディレクティブを無視する様です。がよくわかりません。readelfで確認すると、セクション名.commentが消えてました。
オプション-Wl,-sは全てのシンボル情報を削除します。
オプション-Wl,--build-id=noneは、.note.gnu.build-idセクションを削除。ビルドIDはビルドした時に付けられる固有識別番号で、gdbとかで使われたりするのかな?

とはいえ、まだ4.6KB…
readelfで確認してみます。
セクション名.eh_frameは、デバッグ用なのでいりません。オプション…