2016年12月15日木曜日

GIT@よく使うコマンド早見表

仕事ではsvnを使用している為、数日git触ってないとキャッシュメモリの少ない私には覚えていられない。なので、よく使うコマンド早見表?なるものを作成しようと思います。(日々更新中)

■ clone

git clone <リポジトリアドレス>アドレスが指すリポジトリをクローン(ダウンロード)する

■ add

git add .ワークディレクトリ配下すべてのファイルをステージ(インデックスに記録)する
git add <ファイル>指定したファイルをステージ(インデックスに記録)する
git add -uワークツリー内で版管理中の全てのファイルをステージ(インデックスに記録)する

■ diff

git diff.ワークツリーとインデックス間で全ての版管理中のファイル差分を表示する
git diff HEAD.ワークツリーと最新のコミット間で全ての版管理中のファイル差分を表示する
git diff --cached.インデックスと最新のコミット間のファイル差分を表示する

commit

git commit.コミットする(コミットログエディタ起動)
git commit -m <コミットログ要約>.指定したコミットログ(要約)でコミットする
git commit -a.git add -uとgit commitを連続して実行する

push

git push <登録リポジトリ名> master.登録リポジトリのmasterにプッシュする

status

git status.現在の状態を表示する

log

git log.コミットログを表示する
git log -p.コミットログと差分をパッチ形式で表示する
git log -<数>.コミットログを指定した数だけ表示する
git log --pretty=short.各コミットログの最初の一行(要約)だけを表示する

0 件のコメント:

コメントを投稿